Early works

 

        

 

   

 

小さな人物の群像や植物、森のイメージを多用した比較的大型の

ビジュアルイメージ、複数のパネルを繋げて展示します

2007年前後に制作したもので、最大幅が4m超の作品もあります

 

 

      

      

 

  

  

2005 Solo exhibition (Paneled version)       2004 Solo exhibition (Framed version)

 

初期に取り組んでいたコンピュータを使ったデジタルプリント作品です。

アナログペインティングを画像として取り込み、デジタル加工後キャンバスなどの

支持体に戻す要領の作品で、コンピュータと絵画を結びつける一つの方法論を提起

する目的があります。 一連の作品をDigilo-graphyと名付けて発表しました。

 

 

 

 

 

Return to SELECTED WORKS

Ueda